健康とダイエットのためにジョギングしようと思い立った!

美容代を削れるだけ削るぞ!

とにかくお金がかかってしまう女性の美容代…。なんとか!少しでも!削減したいところですよね。どうすればそれを節約する事が出来るのか考えていきたいと思います。

まずは流行り物にすぐに飛びつくのを止めることから始めましょう。「あ!これいい!買っちゃお!」浪費家の人はあまり考えずに買ってしまうことが本当に多いと思います。なかなか買う決断が出来ない私からしたら羨ましいところではあるんですが、ちょっと考えてみることが大切です。

例えば、月々いくらまで使っても良いときっちり決めておいて、その中でやりくりしようと計画するのが良いでしょう。予算がオーバーしてしまったら次の月はその分を削る…などして調節するなどして工夫しましょう。

この値段なら買えるけど、あっちを買うほうが大切だからこれはやめよう、などワンクッションおいて判断出来るよう心がけてください。また、例えばテレビなど一つの情報だけに頼らず、本やネットなど、他方からの情報も取り入れるようにするのが良いですね。

化粧品に関してなのですが、高い物が必ずしも良いとは限らないぞ!ということを頭に入れておいた方が良いです。実際、私も1本8,000円ぐらいする化粧水とか乳液を使ったりしていましたが、あまり効果は出ず、トラブル肌にずっと悩まされ続けていました。

しかし、1本2,500円ぐらいの基礎化粧品を使い始めてからめちゃくちゃ調子が良いです。(貧乏肌とか言わないで…!(笑))要は自分にあっているかあっていないかということが大切だと思うのです。肌のトラブルがあまり無い人にとってはその違いが分かりづらいのでとりあえず高いやつ使っときゃいいーやーと思っている人も多いかもしれませんが、そんなにお金をかける必要はないと思います。

ドラッグストアやデパートなどで簡単なお肌の診断をしてもらって自分の肌には何が必要なのか見極めるのが最初の一歩でしょう。乾燥肌用、脂性肌ようなど肌のタイプにあった化粧品を選んで使う事が大切です。思い切って安いのを使ってみたら意外と合う!なんて人も多いようです。

次にネイルや美容院代について。完璧に綺麗にしたい人はやっぱりプロに頼むべきかもしれません。特に結婚式や合コン、デートなどの場合はちゃんとしたいですからやっぱりお店に行くべきですね。ですが、抜けるところはセルフでやるのもいいでしょう。

ネイルなんかは自分でやっている人結構多いですよね。細かい作業苦手だからと言う人も多いかもしれませんが、慣れれば割とさくさく出来るようになります。化粧も別人レベルになれるほど器用なんですから出来ないはず無いですよ!(笑)

ヘアカラーなども自宅で出来ますよね。ただ、セルフのヘアカラーって傷みやすくて嫌だ、という人が多いようなんですけど、美容院でやった場合とそう大して変わらないらしいです。実は。用法さえちゃんと守れば、ですけれどね。

技術的な問題で差は出るかもしれませんが、最近は泡タイプなどのヘアカラーも販売されていて簡単に出来るので大丈夫です。泡タイプだと髪の毛に均等に行き渡らせやすいので色ムラも出にくいですしね。黒髪への染まり方はあまり良くないですが、地肌にも髪にも優しいヘナという手もありますよー。

洋服は一つ買うごとに一つ捨てるというルールを作っておくようにすると衝動買いが防げます。また、雑誌によくある着回しコーデなどを参考にして、一つの服を色んな服と組み併せて着れば違った雰囲気になったりしますよ。そしてコーディネートをちょこちょこ考えているうちに、自分に必要なものが見えてくるので、無駄なものを買うことが減っていきます。

ジムに関してはもう通わない以外に削減の道はないですね…。どこのジムもそれなりのお値段かかりますから。ジムに通っている人は週1から3ぐらいで通っている人が多いみたいなんですけど、それよりかは毎日30分ぐらいでいいので運動する事が大切です。30分も辛いなら5分でも!とにかく毎日継続してやる事のほうが大切なんですよ。…とはいえ、エアロビなど楽しく運動出来るコースもありますからジムは行ったほうが良いと思うんですw健康にもいいですしね。

エステやマッサージはなかなかこれは判断が難しいですねー。贅沢だ!と言われがちなんですが…セルフでボディクリームを塗って揉んだりするのは部分的にキツイところもありますからね。ただ、お値段は高いものもあれば安いものもあります。お財布と相談しつつ…どうしてもきれいになりたい場面で利用するぐらいで良いんじゃないかなと思います。

食生活や生活スタイルなどをしっかり見直して、自分の出来る事から改善してから、どうしても足りないものを補うためにエステサロンなどを利用しましょう♪

大阪のキャビテーション・痩身エステ完全ガイド(http://www.arden-metal.com/)

土, 6月 28 2014 » 未分類

コメントを残す