健康とダイエットのためにジョギングしようと思い立った!

ピアノが私に教えてくれたこと

私は幼稚園の時からずっとピアノを習ってきました。私の母はずっと、ピアノに憧れていましたが、金銭的な問題で習うことができませんでした。その代わりにと、子供の私たちにピアノを習わせました。結果は姉と兄は早々にやめてしまい、長く続いたのは私のみでした。私も、子供のころからずっと音楽に触れていたので、母のように音楽が好きだったので、うれしかったです。
小さい頃は、音楽が好きで、楽しくてたまらなかった時期もありました。楽譜を進めるにつれて、色んなことを弾けるようになるのが嬉しかったです。子供の中で、ピアノを弾けるということは自慢にもできるものだったので、その面でも喜んでいました。時には、発表会で連弾なんかをしたりして、あの頃が一番ピアノが楽しかった時かな、と思います。連弾で複数の音が一つになって、曲が完成するということが、とても魅力的に感じていたのです。今でも連弾をもっとしたかったなと思う時が結構あります。
ですが、大きくなるにつれて、段々とピアノが嫌になってきました。もっと自由な時間が欲しい。そう思った時は数えきれないほどあります。スパルタの先生だったのも私にはつらかったことの一つです。指が思うように動かなかったり、追いつかないこともありました。聴音をしても、聴き取れなかったりして、怒られた時もたくさんありました。本当にやめたかったです。でも、いまさらやめることはできないし、と、たくさん迷った時期もありました。
それでも、やっぱりコンクールに出るときは楽しいものでした。あの時、私はピアノが上手い方だったので、賞が取れることが楽しかったのです。なんとなく、自分の音が、演奏が、認められた気がしたのです。普段あまりほめられることが少なかったので、余計に嬉しかったのかもしれません。
でも、普段が楽しくないと、そう長くは続かないもので、結局駄目でした。夢はピアニストだったのですが、それも変わってしましました。けれど、後悔はしていません。やっぱり、自分が今まで頑張ってきたことを認めたいと思うし、あの時自分は輝いていたと思えるからです。ピアノをやってなかったら、特にこれといって自分に誇れるものなんて無かったし、自信もつかなかったと思います。それに、若い時に苦労するのも悪いことではありません。堕落した生活を送るよりよっぽど有意義です。コンクールのおかげで度胸もつきましたし、ピアノは私にとってかけがえのないものの、ひとつです。

土, 4月 12 2014 » 未分類

コメントを残す